トップページ > 事業紹介 > 栄養三色食べ方教室

栄養三色食べ方教室

梅雨の時期でもおいしくいただけるさわやかメニュー

「あかるい食生活」No.770平成29年6月より

オクラのねばねばそうめん
ねばねばパワー
とり手羽元の梅酒煮
こってりとした、ごはんに合うおかず
ごまプリン
口の中でごまの風味がとろりと広がる

オクラ
暑い国で生まれたスタミナ野菜の代表格。ネバネバのもとになっているのは、食物繊維として働くペクチンと糖たん白質のムチン。ペクチンは腸内の善玉菌を増やし整腸効果や血中コレステロール値を下げる効果がある。ムチンは気管や消化器の粘膜をおおって保護する物質になる。胃炎や胃潰瘍の予防(調理の際に酢を加えると、せっかくのネバネバが消えるのでご注意を)。

梅酒
入梅のころになると、一斉に梅干しや梅酒用として梅の果実が店頭に並びます。カリウム、ビタミンEを豊富に含み、有機酸も多い梅は「三毒(食べ物の毒、血液の毒、水の毒)を断つ」といわれるほど殺菌力の高い果実。未熟果はアミグダリンという有害物質を含むため、必ず加工して食べる。梅酒は梅の疲労回復効果をアルコールがより早く引き出してくれる。

とり手羽元の梅酒煮

とり手羽元の梅酒煮

とり手羽元の梅酒煮

【作り方】
①手羽元は熱湯にさっと通し、くさみを取る。
②こんにゃくは16 等分に切り、玉ねぎは8つのくし形に切る。
③鍋にⒶを合わせ、①②を入れて火にかけ、弱火で約30分煮る。
④さやいんげんは色よく塩熱湯で茹で食べやすく切る。
⑤ ③にあれば梅酒の実を加え、煮汁がほとんどなくなるまでさらに約5分煮る。
⑥ 器に ⑤を盛り、さやいんげんを添える。

〔1人分 エネルギー 261kcal たん白質15.6g 脂質10.0g 食塩2.5g 296 円〕


▲このページのトップへ