トップページ > 事業紹介

事業紹介

(一社)栄養改善普及会は3つの目的にそって事業を進めています。

1.個人の努力と社会の責任で健康を守ろう

栄養・睡眠・運動・休養・経済・環境・人間関係等の条件がそろってはじめて人間は健康になれます。したがって、みだりに「健康」情報にふりまわされず自分の健康は自分で守る心意気を育てましょう。

2.栄養三色運動を普及徹底させよう

現代の食生活は、過食、個食、低栄養、朝食の欠食、生活習慣病など、さまざまな問題を抱えています。子どもから高齢者まで、みんなに分かりやすい栄養三色運動を普及することによって、栄養のバランスのよい食習慣が身につけられます。

3.生産者と消費者でよい食品を生み育てよう

食品の正しい情報を消費者へ伝え、消費者から食品に対するありのままの意見を生産者に伝え、つくる人と食べる人がマンツーマンで対応し、より良い食品の誕生の手助けをすると同時に、良い食品を広めてゆく。

1. 栄養三色食べ方教室
子どもから老人まで、みんなに分かりやすい栄養三色運動を学校給食や老人給食に普及徹底するよう活動します。 >> 詳しくはこちら
2. 元気のでる朝食運動
子どもから老人まで、みんなに分かりやすい栄養三色運動を学校給食や老人給食に普及徹底するよう活動します。 >> 詳しくはこちら
3. 食物実技講習会
総合学科がふえ家庭科の時間数が削除されました。その補いとして食教育・食品の実験・実技指導・消費者教育等を効果的に行います。 >> 詳しくはこちら
4. 大学生対象の事業
若い世代に即した食生活を科学的に実践し、新しい食の文化を育てる。食品研究・商品学教室・映像セミナーがあります。 >> 詳しくはこちら
5. グループ活動
各地域ではそれぞれの地域にあった問題をとらえ、全国で誌友のグループが活動しています。あなたもぜひその仲間に入って活動してみませんか。 >> 詳しくはこちら
6. 食品と栄養の移動教室・ミニ移動教室
食品に関する正しい情報を伝え、上手な使い方を勉強します。社会の変化にともない、働く女性が増え食事づくりの時間が減少しています。そのために家庭食の質を落とすことのないように、加工食品を利用し簡単でおいしい食事づくりを普及します。 >> 詳しくはこちら
7. 食のゼミナール
作る人と食べる人がマンツーマンで対応し、良い食品を生み育てる場とします。食文化・伝統を学習し消費者・生産者相互で意見を出し合い、良い食品作りに役立てます。工場見学・映像等で食品の製造から販売までを知ることに消費者の関心が高まっており、製造者と直接に質疑を交わしながら学習していきます。 >> 詳しくはこちら
8. 食生活に関する研修会・講習会
いま問題になっている食生活に視点を当て各層の人々を集めて、ホットな情報を提供し、みんなで研鑽しあいます。 >> 詳しくはこちら

▲このページのトップへ