トップページ > 事業紹介 > 元気のでる朝食運動

元気のでる朝食運動

目  的 朝食は栄養三色メニューで朝食を食べない層もまだ多いが、食べると回答した層も中身に問題が見られます。とくに子どもの低体温が問題となっています。そのため運動を通して食生活を見直すきっかけとし、簡単でおいしいメニューづくりを普及します。
開催期間 前期:6月~8月/後期:9月~11月
対  象 若年層・高校生・親子・一般消費者(1会場30名程度)
実施内容 お話・調理実演(実習)・質疑・話し合い調理内容は協賛製品を使った朝食向けの料理テキストを当会で作成し配布する。朝食についての話し合いを行う。
開催地域 全国

第26回 元気の出る朝食運動 おはようメニュー

昭和58年から始まった「元気のでる朝食運動」は今年で26年になります。

この運動は、食事調査をしたところ、朝食をきちんと食べている人ほど、一日の食生活全体のバランスがとれていることと、この頃から朝食を食べないで学校へ登校する子どもたちや学生が目立ち始めてきた事から、朝食の大切さを広めようと始まりました。

さて、子どもたちの欠食の理由は「時間がない・寝ていたい・食欲がない」が多いようです。

この事業に参加する事により、皆さんがもう一度朝食について考えて下さる機会となれば幸いです。平成20年度は、前期開催で約1497名の方を対象に夏休みの期間を含めて講習会を実施しました。小学生から大学生、また親子や主婦の方たちまで幅広い層を対象としました。

料理テキストを無料でおわけいたします。

「食品と栄養の移動教室」「元気のでる朝食運動」の料理テキストを無料でお分けいたします。
送料のみご負担下さい。ご希望の方は、当会事務局までお申し出ください。

会員募集

新年度会員を募集しています。(4月~翌年3月)年度会費2,500円。
機関誌では各種講習会等の参加のご案内をしています。
ご一緒に食生活(食べ方・栄養・食品等)に関して学習してみませんか。


▲このページのトップへ