「あかるい食生活」のご購読希望はこちらから!

料理講習会参加者募集

各地で料理講習会参加者を募集しています

三色クッキング~シェフにきく料理のコツ〜
表参道事務局にて不定期開催
お問い合わせはこちら

栄養三色運動

リンク

熊本地震により被災された皆様、被災地のご関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

マゴタチワヤサシイ

栄養三色運動とは?

食品を色分けして、交通信号の色で覚えましょう。

体にやさしい、食材のわかりやすい合言葉。栄養三色を基にして、主食+9品目でバランス食!!

大豆・大豆製品

ゴマ・種実類

卵

乳製品

野菜・果物

魚介・肉類

しいたけなどのきのこ類

いも類

食事は栄養三色で、主食と汁、主菜、副菜、副副菜(一汁三菜)の組み合わせで

  • 自分の生活リズムにみあった「栄養三色パターン」を。
  • 外食は家庭食の延長、「おまかせ」でなく組み合わせがよく自分で選ぶ。

かずかず食べてこそ「お加数(かず)」

  • 「とりすぎ」「とり不足(とり忘れ)」の食品に要注意。
  • 好き嫌いなくなんでも食べる。

おかずとおかずの間に主食を食べ、よく噛みあじわう

  • 早食いは万病のもと(肥満・血圧上昇・消化不良)。

早寝、早起きで朝食をおいしく食べよう

  • 生活のリズム(運動・休養・排泄)にあわせて規則正しい食事を。
  • 朝食抜きは、脳の働きを鈍らせる。

食事は栄養三色、自分の生活リズムに合わせて

  • 家庭食は一日三食きっちりと、高齢者の不規則な食事は、認知症のもと。
  • 過食と運動不足は生活習慣病のもと。

小さい時からうす味になれさせる

  • 減塩で高血圧と胃がん予防。
  • 糖分控えて肥満を防止。

「JASマーク」は食品のいい顔、「表示」は食品の履歴書

地元の産物を旬に食べよう

  • 野菜のおいしさは、鮮度が一番。

食物繊維も欠かさずにとりましょう

カルシウムを十分にとって骨そしょう症予防、丈夫な骨づくり

  • カルシウムを多く含む食品は、牛乳・乳製品、小魚、海藻など。
  • 毎日、日光を浴び、運動をして丈夫な骨を作ろう。

▲このページのトップへ